高校野球「クーリングタイム」直後に足をつる選手続出…《炎天下でやって、強制的に冷やして体に悪そう》

公開日: 更新日:

 夏の甲子園での暑さ対策として今大会から導入された「クーリングタイム」をめぐって、SNSでは高校野球を場として「甲子園球場である必要性」を問う議論が巻き起こっている。

 クーリングタイムは5回終了後に10分間設けられ、選手はクーラーや送風機が置かれた涼しいスペースで体を冷やしたり、水分を補給したりできる。サーモグラフィーなどを使って熱中症の症状のある選手を確認するなど、幅広い対策を講じるようだが一方、6回から足がつる選手が続出しているのだ。

 高校野球ファンからは、医療スタッフの措置を受けた選手を見ながら《「命の危険を伴う猛烈な暑さ、出来るだけ外出を控えるように」と言われている中でも行われる高校野球。もはや欲にまみれた大人の都合しかみえない》などと、異論や批判が相次いでいて、そもそも予選大会などは甲子園球場を使わずに京セラドームや東京ドームなどを使えばいいのではないか、といった議論が交わされている。

 SNSでは、《誰か犠牲者が出るまで根本的な対策はしないのだろう。時期を変えるか球場を変えるか甲子園をドーム化する必要があるのでは?ただ甲子園だけでなく予選大会も同じことだが》《そら変なタイミングで冷やすだけ冷やしたらそうなるやろ。若人を殺す気か?開会式と決勝だけ甲子園、あとは東京ドームと京セラドームで東西予選すりゃえぇねん》《わざわざ炎天下でやって、今度は強制的に冷やして休ませて、10分経ったらまた炎天下へ。体に悪そうだな。ドームにしたら?甲子園にこだわるから色々問題あるんじゃないの?》などと、開会式や閉会式、準決勝、決勝などのメーンイベント以外は屋内でやるべきだといった声が圧倒的だ。

 また《真夏は無理なのでは?開催の形を考えなおすべきと思います》《昼間は避けて、ナイターにしたらええんちゃう?》といった開催の時期や時間を変更すべきといった意見も散見される。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽