オリックスが苦手の西武を今年はカモに ヘッドコーチも認める「元正捕手」森友哉の貢献

公開日: 更新日:

 狩られる側が狩る側にーー。

 オリックスが6日、西武に9-0で勝利。二回に若月の適時打で先制すると、その後も打線は断続的に点を取り続け、終わってみれば12安打の猛攻だった。

 今季のオリックスは西武にめっぽう強い。対戦成績は12勝5敗。貯金を7も稼ぐなど、すっかりカモにしている。さらに本拠地京セラドームでは6勝2敗、敵地ベルーナドームでも6勝3敗。地の利があろうがなかろうが、関係なしと言わんばかりだ。

 しかし、昨季はそうでなかった。対西武戦は11勝14敗。ホームでは6勝6敗とタイに持ち込んでいたものの、ビジターでは5勝8敗と苦手にしていた。特に打線が振るわず、チーム打率.217と西武投手陣に蹂躙されていた。

 それが1年も経たずに立場が逆転。大きな要因のひとつが、昨季まで西武の正捕手を務めていた森友哉(28)のFA移籍だろう。西武戦では打率.267と活躍しているわけではないが、元正捕手が持つ投手陣の傾向やデータなどが、チームのプラスになっているのは間違いない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至