履正社は投打ともパワーアップ 150km左腕・福田は制球力も改善しセンバツのリベンジ誓う

公開日: 更新日:

 大阪大会決勝で大阪桐蔭を完封、甲子園に駒を進めた履正社(大阪)が2日、甲子園見学に訪れた。

 今春のセンバツは初戦で高知(高知)に2-3で敗退。高知投手陣に8安打を浴びせながら、11残塁の拙攻。高知打線を2安打に抑えた福田、増田の両左腕を援護できなかった。

 しかし、夏に向け、投打ともパワーアップ。打線は大阪大会計7試合で70得点。決勝ではドラフト1位候補の前田から3点を奪った。投げては福田、増田の両左腕がチームを牽引。「2人ともプロが注目するドラフト候補です」と、セ・リーグのスカウトがこう言った。

「中でも福田は春から球威も制球力も増した。ストレートの球速は150キロ超。センバツは7回3分の1で6与四死球と制球が乱れたものの、下半身もひと回り大きくなった印象で、制球が改善された。大阪桐蔭打線を3安打に抑えて完封したように馬力もある」

 高校野球ファンは要注目か。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽