オリ選手時代の岡田彰布は仰木監督と2人、酒を飲みながら戦略など長時間話し合った

公開日: 更新日:

井箟重慶(オリックス元球団代表)

「井箟さん、岡田を取りましょう」

 1993年のオフのこと。翌年からオリックスの指揮を執ることになった仰木彬監督が、わたしにこう言った。

 オリックスは当時、人気がなかった。ファンサービスに熱心な仰木監督は、とにかくスター選手を欲しがった。阪神ブランドを利用したかったわたしと考えが一致した。

 もちろん、岡田の人気だけを欲しがったわけではない。

 岡田は当時、中村勝広監督と折り合いが悪かった。92年、4月25日の中日戦で7番に降格。1点リードの五回1死二、三塁で6番の八木が敬遠。すると中村監督は、腕をぶして打席に向かった岡田の尻をポンポンとたたき、代打に5年目の若手・亀山を告げた。これで亀裂は決定的なものになったといわれる。

 岡田は93年、42試合に出場して打率.170、1本塁打、7打点。シーズン終了後、体力の衰えを理由に阪神を自由契約になったものの、わたしも仰木監督も指揮官との確執で出場機会に恵まれなかっただけで、まだまだ選手としてやれると踏んでいた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」