ドラフトで岡田彰布を射止め、入団を懇願するスカウトに“虎びいき”の父親が言い放ったひと言

公開日: 更新日:

平井隆司さん(デイリースポーツ元編集局長)

 岡田を知ったのは1979年のドラフト会議。それまでクジ運が悪かった阪神が珍しく競合戦に勝ち、早大の岡田を射止めた夕刻だった。

 その日から取材が始まるのだが、岡田本人の生の顔や声を囲むのは相棒の虎番に任せ、彼の実家へ走った。「岡田を知るなら親父さんに会え」と、他球団のスカウトから聞いていたのが幸いした。

 実家はJR大阪環状線の玉造駅から近い。うまい具合に岡田の父親・勇郎さんは在宅。「ま、ま……2階に上がりまへんか」。1階は勇郎さんが経営する「紙工所」(紙を加工する会社)工場だった。勇郎さんは1930年生まれ。敗戦後の苦労をたっぷり聞き、その後、息子の話になる。勇郎さんは野球好き。そして息子が生まれる前から阪神ファン。翌日も翌々日も玉造へ走った。

「きのう阪神のスカウトさんが来られてね」。しばし沈黙。「ここだけの話、掛布さんを他へコンバートしていいと考えています。はい、息子さんを三塁手に、と。ですからどうか岡田君をいただけませんか? と言われてね」。この後の勇郎さんのひと言が忘れられない。

「阪神さんはうちが何かごねるとでも思ってはるんやろか。こっちがお金を払ってでもタイガースさんに入れて欲しいんでっせ」

 スカウトの熱意を真面目に聞きながら、心の中では「今、印鑑押してもよろしいですよ」と言いかねなかったらしい。

 阪神びいきの勇郎さんはタイガースのタニマチだった。村山実、三宅秀史、藤本勝巳……。甲子園球場の巨人戦で先発が村山なら、勇郎さんは小学生の息子・彰布を連れ、わざわざ三塁側のチケットを手に入れ、長嶋茂雄が打席に入ると、親子でヤジを飛ばした。

「三塁側から長嶋さんに酷いヤジを飛ばしたのは親父と僕が初めてやないかな」

 岡田は今でもそんな話をすることがある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    岡本和真と村上宗隆のメジャー挑戦に“超逆風” 大谷バブルをブチ壊したMLB先輩野手の期待外れ

  2. 2

    なぜ阪神・岡田監督は大炎上しないのか…パワハラ要素含む「昭和流采配」でも意外すぎる支持

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  5. 5

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  1. 6

    鈴木誠也と吉田正尚が窮地…トレード浮上も引き取り手なし、大谷フィーバーの裏で価値大暴落

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    佐々木朗希の今季終了後の「メジャー挑戦」に現実味…海を渡る条件、ロッテ側のスタンスは

  4. 9

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  5. 10

    日本ハム水谷瞬プロ入り時のコーチが明かす覚醒のカギ「(当時)フライはまともに捕れず、バットにも…」

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪