羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

畑岡奈紗が2戦連続で逃したビックチャンス 悔しさは次の「全英女子OP」にぶつけろ

公開日: 更新日:

 畑岡奈紗が「全米女子オープン」に続き、先週の「エビアン選手権」でも最終日最終組でプレーしながらビッグチャンスをモノにできませんでした。

 設定がタフなメジャー大会での戦い方は1ストロークのせめぎ合いです。我慢強くパーセーブを続け、数少ないバーディーチャンスを確実にモノにして、優勝を争う相手にじわじわとプレッシャーをかけていきます。

 畑岡はメジャーで何度も優勝争いを演じ、経験が豊富です。しかし、そういった部分が逆に重圧になり、慎重になりすぎたのかもしれません。

 また今季未勝利というのも調子を上げられず、先にスコアを落とす苦しい展開になってしまったともいえます。

「全米女子オープン」は首位発進の最終日に76と崩れて6打差4位。「エビアン選手権」は3打差2位発進から72をたたき7打差3位。メジャー2大会連続トップ5は素晴らしい成績ですが、本人はメジャー優勝が目標ですから悔しさしか残りません。勝利への意識が強くて、本来の力を見失い、自身を追い込みすぎてしまった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

  4. 4
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 5
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  1. 6
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  2. 7
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  3. 8
    ダウンタウン松本人志“馬乗り写真”に新疑惑…元吉本芸人の黒幕の存在を示すハガキの真贋

    ダウンタウン松本人志“馬乗り写真”に新疑惑…元吉本芸人の黒幕の存在を示すハガキの真贋

  4. 9
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  5. 10
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深