5試合連続予選落ち中の渋野日向子…初日の“苦しい胸中”を表す弱気のパッティング

公開日: 更新日:

【エビアン選手権】第1日

 自己ワーストを更新する6試合連続の予選落ちは避けたい渋野日向子(24)。今季メジャー4戦目となるエビアン選手権(フランス・エビアンリゾートGC.6523ヤード・パー71)初日は10番スタート。出だし3ホールで2オーバーまでスコアを落とす苦しい展開となった。16番、17番のバーディーでイーブンパーに戻すも、レマン湖に向かって32ヤードを打ち下ろす名物ホールの2番(167ヤード・パー3)は第1打をグリーン右下に落として寄らず入らずのボギー。結局3バーディー4ボギーの72。1オーバー64位タイで初日を終えた。

 この日は球が掴まらず右へのすっぽ抜けが多かった。腰の回転が悪く、上半身の動きとリンクしないことによるミスが目立った。

 渋野のスイングは型にこだわらず、感覚重視で思い切りの良さが持ち味だった。パッティングもラインを消すような強いヒットの「壁ドン」で、カップに届かないことは珍しかった。

「20歳で2019年の全英女子オープンに勝った当時は怖いもの知らずのイケイケゴルフだった。腰を鋭く切るスイングでドローボールをコントロールしていた。あれから4年の間にスイング改造を繰り返し、今季は左手親指痛にも苦しんでいる。プレー中もスイングの事を気にする素振りを見せ、カップに届かないパッティングも多い。この日の最終ホールも約3㍍のバーディーパットがかなりショートした。どんな時にもインタビューに応じるのは立派ですが、最近は作り笑いが多く、かつての『渋野日向子』を演じているように見えるのは痛々しいという声も聞きます」(ツアー関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大