プロ7年目で初球宴の山崎颯一郎、アイドル路線で“オリ姫”の心をわしづかみ! 主催試合観客動員数も増加

公開日: 更新日:

 7月19日に行われた「マイナビオールスターゲーム2023」第1戦で、6回からマウンドに上がって1回無失点に抑えたオリックス山崎颯一郎投手(25)。プロ7年目にして初のオールスター出場を果たしたのは、ファン投票で“山崎推し”の女性が急増したためだともっぱらだ。

 今年3月のWBCで日本が優勝してから数カ月経った今、野球熱を冷まさないようにどの球団もファン獲得のため奮闘中。12球団ある中で1番ファンの数が多いのは巨人阪神だが、ひときわユニークな戦略で観客動員数を伸ばしているのが大阪に本拠地を置くオリックス・バファローズだ。

 オリックスは、イケメン選手をアイドル化する戦略で、女性ファンである通称“オリ姫”の獲得に奮闘している。どの球団も女性客を呼び込むために、レディースデーを毎年開催しているが、オリックスの場合はちょっと変わっている。

 10年前からコンセプトを決め、オリ姫向けのイベントを開催。2020年はサクラをモチーフに会場を華やかに演出する<エレガンス>、2021年には選手扮するイケメンカフェ店員がオリ姫をもてなすコンセプトの<CAFE de BUFFALOES〉、2022年は、選手のいつもとは違うシチュエーションや姿にキュンとさせるコンセプトの<アウトドア>、今年は選手を<アイドル>に見立てるコンセプトだった。年々オリ姫のハートをイケメン選手が掴みにいくコンセプトが目立っている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格