オリックス山下舜平大 球宴選手間投票1位の謎解き…先輩エース山本由伸にダブルスコア!

公開日: 更新日:

 選出そのものは意外ではないが、予想外の結果と言っていいだろう。

 6月30日に発表されたオールスターの選手間投票。パの投手部門で1位になったのが、オリックス山下舜平大(20)だ。

 今季の成績は凄まじい。ハーラートップタイの7勝(1敗)を挙げ、防御率1.36も実は隠れ1位。規定投球回数に達すれば、一躍投手2冠に躍り出る。

 選手から選ばれるのも当然とはいえ、注目すべきは得票数だ。

 山下は167票で、2位で153票の佐々木朗希ロッテ)を抑え、3位の山本由伸(オリックス)に88票もの大差をつけたのだ。山本は今季、山下と並ぶ7勝(3敗)、防御率1.89。例年と遜色ない活躍をしているチームの大エースにダブルスコアの圧勝である。

 ロッテやインディアンスなどで活躍した小林雅英氏は選手間投票について、日刊ゲンダイの取材にこう話していた。

「僕らは自分が『嫌いな選手』を選ぶケースがある。これは投手と野手の関係において苦手、という意味です。自信満々に投げたボールを打ち返されたら悔しいけど、同時に『やっぱりいい打者だなあ』という気持ちになる。選手がグラウンドの中、肌で感じているものが投票の結果に結びついていると思います。これは成績を残していることが前提ですが、球宴を経験してもらいたい伸び盛りの選手や、選ばれて当然だけど人気選手とポジションがかぶってファン投票では無理そう……という選手には投票しますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至