激戦必至の名古屋場所で3関脇を迎え撃つ横綱の覚悟 大関トリプル昇進どころか全滅もあるぞ

公開日: 更新日:

 灼熱の名古屋を制するのは誰か。

 7月9日に初日を迎える大相撲名古屋場所。真夏の開催とあって体調管理が難しく、3月の大阪場所と並んで「荒れる場所」と呼ばれている。昨年も平幕の逸ノ城が初優勝。2020年もケガと病気で序二段まで落ちていた照ノ富士(31=現横綱)が平幕で久々の復活Vを果たした。

 今場所は若元春(29)、豊昇龍(24)、大栄翔(29)の3関脇による「大関トリプル昇進」が話題になっている。それぞれ直近2場所は21勝、21勝、22勝。大関昇進の目安は「三役で3場所33勝」なので、ノルマは11勝か12勝だ。

 過去、大関トリプル昇進はなく、ダブルは昭和以降で8例。それも1994年の貴ノ浪、武蔵丸を最後に29年間出ていない。可能性はゼロではないものの、3人同時は極めて難しいだろう。

 親方のひとりは「果たしてダブルもあるかどうか」とこう続ける。

「謹慎明けの元大関・朝乃山は現在は前頭4枚目。確実に三役と当たる地位ですからね。霧島も新大関としてみっともない姿は見せられないだろうし、何より最大の壁となるのが照ノ富士です。先場所は4場所ぶりの出場で優勝。ヒザの状態が気がかりで、『2場所連続皆勤できるかどうか』と言われているが、今場所前は巡業がなかったので治療と稽古に専念できたはず。小結の琴ノ若阿炎も強敵ですからね。今は照ノ富士をのぞけば上位陣の力は拮抗しており、激戦は必至です。大関昇進ゼロに終わっても驚きませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ