“片思い”だった中日相手にプロ初猛打賞 阪神・前川右京が「ドラ4」に甘んじたワケ

公開日: 更新日:

「まだまだ守備の不安はありますけど、高校時代の評価を覆す活躍といっていいでしょう」

 阪神の高卒2年目・前川右京(20)について、ある球団の関西担当スカウトがこう言った。

 昨27日の中日戦は3番右翼でスタメン出場。プロ初の猛打賞で打率を3割(.304)に乗せ、チームの首位返り咲きに貢献した。

 三重県津市生まれ。智弁学園高時代は1年次から4番を任されるなど、打撃に定評があった。一時はドラフト上位候補といわれ、3年夏の甲子園は準優勝。大舞台での実績もあるが、21年ドラフトでは4位に甘んじた。

「中部地方出身とあって、智弁学園高時代にはテレビで『中日に入りたい』と、中日ファンを公言した。ただ、思い切りのいい打撃は評価できても、外野守備を不安視されていたことが下位指名になった要因。打球の追い方、スローイングに難があり、指名打者がないセ・リーグでは難しい、とみるスカウトが少なくなかった」(冒頭のスカウト)

 片思いに終わった中日相手に大活躍。プロ初のお立ち台で「凄い先輩たちの中で1日1日勉強と思って、必至に食らいついています」と初々しい笑顔を見せた新星が、前日まで5連敗で何かとイライラを募らせていた岡田監督も笑顔にした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽