渋野日向子を待つイップスの恐怖…3大会連続予選落ちでスマイル消え、平常心まで失い

公開日: 更新日:

 現地25日に幕を閉じた全米女子プロゴルフ。通算7アンダーの笹生優花(22)が優勝に1打及ばなかったこの大会、通算11オーバーの渋野日向子(24)は国内大会から3試合連続の予選落ちとなった。

 低いトップのスイングに変えた昨年も連続予選落ちは何度かあった。パロス・ベルデス選手権から全米女子オープン(OP)までの3大会連続を皮切りに、マイヤークラシックからスコットランド女子OPの間の全米女子プロの棄権を除けば3試合連続だった。9月のボランティアーズ・オブ・アメリカまでに2試合連続が2回あり、その期間内の14大会で10度も予選で姿を消した。

 さらに今年は左手親指の故障や、症状を悪化させないためベースボールグリップに変更したことが成績不振に追い打ちをかけているが、次戦の全米女子オープン(7月6日開幕)の舞台は太平洋に面しているペブルビーチGL。ボールをコントロールできない今の状態では予選通過は厳しく、自身初の4試合連続予選落ちは必至だ。

 ツアー関係者がこう語る。

「プロはたとえ優勝できなくても、4日間戦うことが何より大事。4日間プレーすれば実戦の中で修正できることもある。練習場での打ち込みとは違います。ところが予選落ちを繰り返していればカットラインばかり気にするようになる。無難な攻め方になり、パッティングは3パットを怖がりカップに届かなくなる。渋野の良さは思い切りのいいところだが、実際、“壁ドン”といわれる強気のパットも見られなくなっている」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪