谷原秀人今季初VでJGTO内部紛争「第2幕」が始まる…青木功会長は表彰式で“ひきつり顔”

公開日: 更新日:

【ジャパンプレーヤーズ選手権 by サトウ食品】最終日

 選手会主催の今大会は、選手会長の谷原秀人(44)が、初優勝を目指した長野泰雅(20)とのプレーオフを制してツアー通算18勝目を挙げた。

 昨年は、海外で行われたLIVゴルフ3大会出場のため欠場し、「選手会長不在はおかしい」と猛烈なバッシングを浴びた。

 今年は若手の勢いに負けない猛チャージを見せて大会を盛り上げ、みそぎを果たしたともいえる。

 いっぽうで谷原の勝利を面白くないと思っているのが、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の執行部だろう。谷原は「青木会長をはじめ上層部は男子ツアーのために何もしていない」という内部批判の急先鋒だからだ。

 そんな対立関係がよくわかったのが表彰式だった。優勝賞金プラカードを渡すプレゼンテーターとして登場した青木功会長は一度も谷原と目を合わすことなく顔がひきつっていた。さらに優勝カップを2人で持つフォトセッションでも青木会長はニコリともしなかった。

「青木は会長ポジションを谷原が狙っていると疑い、理事会で『おまえは会長になりたいのか?』と詰め寄り、『僕は選手ですよ。そんな気持ちは毛頭ありませんよ』と言い争いになった。それから2人は犬猿の仲です。最近、谷原に話を聞いた際、1999年にツアーが発足してから何も変わらず、JGTOに主体性がないと危機感を抱いていた。ツアー改革のプランも考えており、旧態依然の組織を変えなければいけないという思いが強いのです」(ゴルフ評論家・宮崎紘一氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで