ボロボロ渋野日向子にツアー休養の選択肢…怪我だましだましプレーで選手寿命を縮める危険

公開日: 更新日:

【KPMG全米女子プロゴルフ選手権】第2日

 大会2日目の渋野日向子(24)は1バーディー、5ボギーの75で回り、通算11オーバー130位フィニッシュ。カットラインに6打及ばずに、日本での大会を含めて出場3試合連続の予選落ちだった。これで昨年の3日目スタート前の棄権に続き、2年連続で4日間プレーできなかったことになる。

 精彩を欠いたのは左手親指痛が大きい。ケガをかばい負担の少ないベースボールグリップでプレーしたが、それも一時しのぎ。1ヤード刻みの微妙なショットが要求されるメジャーの難設定では通用しなかった。

 今の状態のまま無理を重ねて試合に出続けてもスイングバランスを崩すだけ。ならば左手親指の痛みを取り除いたり、緩和させる治療を受けることを優先するべきだろう。そのためにはツアーをしばらく休む決断も必要だ。

■「取り返しがつかなくなることも」

「痛みは本人にしかわかりませんが、LPGAツアーにはツアーを離脱して休んでも現在のランキングを維持できるメディカルエグゼンプション(公傷制度)があります。ケガだけでなく妊娠や家族の病気介護でも申請でき、さほど難しい規定ではありません。ケガを抱えたまま、だましだましプレーしていれば、患部を悪化させて取り返しがつかなくなることもある。結果としてプロ競技人生を縮めることにもつながります。海外で長くツアーの第一線で活躍したいのなら、休むことも大事という意識が多くのプロの間に浸透しています」(米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪