伊藤、三笘、伊東、前田の4発でペルーに快勝…日本代表は南米アレルギーを払拭できたのか?

公開日: 更新日:

 これで南米アレルギーは吹き飛んだか。FIFAランキング20位の日本が戦ったのは、同21位のペルー。過去1勝2分け2敗と分が悪い相手だった。森保ジャパンは南米勢が苦手である。

【写真】この記事の関連写真を見る(31枚)

 昨年6月にブラジルに敗れてから、同9月のエクアドル戦と今年3月のウルグアイ戦はともに引き分け。同3月のコロンビア戦は逆転負けを喫するなど直近4試合で2分け2敗、通算でも南米勢には14試合で4勝しかできていなかった。

 W杯でも初出場となった1998年大会でアルゼンチンに敗れて以来、PK戦の敗戦を含め、1勝4敗。ブラジル、アルゼンチンは別格としても、なぜ南米のチームが苦手なのか。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「まず個人技のレベルが高く、球際が強いこと。組織力で勝負する日本は、1対1の勝負を仕掛けられるのが苦手。ブラジル以外のアルゼンチンをはじめとした国々は、南米予選でブラジルに対抗するためカウンタースタイルになることが多い。堅守、速攻は日本がやりたいサッカーと重なるため、やりにくいんです。アルゼンチンの関係者は『ブラジルからボールを奪おうなんてナンセンス。じっとミスを待つべきだ』と言っていた。相手を観察しながら、しつこく食らいつく南米スタイルも日本は不得手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白