著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

加藤未唯の全仏OP女子D3回戦は「失格」ではなく「弱点」を引き出された敗戦だった

公開日: 更新日:

 テニスの全仏オープンが終わった。ジョコビッチがメジャー通算23勝を飾り、準優勝のルード、20歳のアルカラスが“ポスト3強”らしい実力を披露。ナダル不在の不安を一掃する中身の濃い大会だったが、日本ではあらぬ話題に終始した。

 女子ダブルス3回戦、第1セットを6-7で落とした第2セットに、加藤未唯が不用意に相手陣後方に戻した打球がボールガールの首筋を直撃。山なりとはいえ、不意を突かれたボールガールは泣き出した。主審の「警告」の判定に、相手ペアは大会レフェリーの裁定を求めた。これはよくある手順で、レフェリーが聴取し「失格」とした。

■打ったボールに責任

 失格者は賞金とポイントを没収され、同大会の他種目への参加も取り下げられる。「故意ではない」という抗議に対し、レフェリーはこう繰り返した。

「ポイント間でも自分が打ったボールには責任があります」

 故意か不注意かはドーピングでも問題になるが、ルールの趣旨は、選手は自分の肉体、行動に全責任を持てということ。そもそも故意だったら傷害罪になるし、大会中の練習でもそうした責任は問われる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント