森保J新戦術で格下国に大勝も…久保、堂安、三笘が共存「4-1-4-1」の落とし穴

公開日: 更新日:

 森保一監督率いる第2次日本代表の3試合目となるエルサルバドル戦が15日、愛知・豊田スタジアムで行われ、FIFA世界ランキング20位の日本が、同75位のエルサルバドルを攻め立て、6-0のワンサイドゲーム決着となった。

【写真】この記事の関連写真を見る(27枚)

 この試合で注目されたのは、森保監督が前日会見で「4-1ー4ー1でスタートする」と明言した新布陣だ。2022年カタールW杯でサブに甘んじたFW三笘薫(26)、FW久保建英(22)、FW堂安律(25)が主力組に昇格して同時先発。攻撃を差配する2列目に左から三笘、MF旗手怜央(25)、堂安、久保を配置するフォーメーションから次々にゴールが生まれはした。

「日本のスピードとプレスに圧倒されたエルサルバドルが攻守ともに精彩を欠いた。そもそも相手DFが前半3分にレッドカードをもらい、一発退場で10人となったことを割り引いて評価しなければいけませんが」と前置きしながら元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「三笘、久保、堂安は周囲との連係もまずまずでした。前半25分のチーム3点目のシーンが印象的でした。右サイドの久保が左サイドの三笘に向けてサイドチェンジのボールを送り、そこからの流れで再度ボールを保持した三笘が右後方の久保に短いパスを送り、それを久保が左足のダイレクトシュートでゴールの右サイドネットに決めた。タイプの違う2選手ではありますが、三笘は英プレミアでチームを来季の欧州リーグに、久保はスペインでチームを来季の欧州チャンピオンズリーグに導く活躍を見せた。欧州で見せた好パフォーマンスを<そのまま>日本代表で披露した。欧州所属選手が大半を占める森保ジャパンにあって、彼らの相性の良さはポジティブな要素と言えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪