青学・常広が投壊巨人のドラ1候補に急浮上! 原監督のノーコン嫌いで消えた“本命”の名前

公開日: 更新日:

 11日に行われた全日本大学野球選手権で18年ぶり5度目の優勝を果たした青学大(東都)の最速153キロ右腕の評価がうなぎ上りだ。

 明大(東京六大学)との決勝で10三振を奪い、2試合で計15回無失点。2勝を挙げた常広羽也斗(4年=大分舞鶴)のことで、MVPと最優秀投手賞の2冠に輝いた。

楽天の岸タイプ」と言うある球団のスカウトは「直球の伸びとフォークの落差が武器。バランスが良くて、しなやかな腕の振りと投球フォーム。全体でもトップクラスの評価」と絶賛。

 アマ球界に詳しいスポーツライターの安倍昌彦氏は「力感のないフォームから140キロ台後半の球がくるから打者は差し込まれる。右打者のアウトローへ150キロ近い球を続けて投げられる制球力がある。直球に角度があってスピンが利いているため、ホームベース上で回転がほどけない。捕手のミットに突き刺さる球質」と評している。

 春のリーグ戦では3勝を挙げたものの、投球フォームを崩した影響でプロの評価を下げていたが、今大会でV字回復。そんな常広に対して特に熱心なのが12球団ワーストの防御率3.93にあえぐ巨人で、ドラフト1位指名候補にリストアップしている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽