新大関と朝青龍の甥っ子がガチンコ出世争い 7月場所は霧島vs豊昇龍の激しい攻防が見もの

公開日: 更新日:

 5日、新大関の霧馬山改め霧島(27)が凱旋帰国のため、成田空港からモンゴル・ウランバートル行きの便に搭乗した。前回帰郷したのは十両に昇進した4年前。8年前に来日して以降、故郷の地を踏むのは4年ぶり2度目である。そんな霧島にメラメラと対抗心を燃やしているのが同郷の豊昇龍(24)だろう。5月場所では千秋楽に霧島と対戦。闘志をむき出しにして攻めかかり、霧島を抱えて持ち上げる場面もあった。終始攻め続け、最後は下手投げで勝利した。

 この両者、土俵上の攻防は激しく見応えがあるともっぱら。霧島は5月場所前、日刊ゲンダイのインタビューに、こう答えていた。

「(豊昇龍は)後輩だから負けたくない気持ちはあります。ただ、向こうは僕に負けたくない、って気持ちが凄く強いらしいんですよ」

 3月場所では40秒を超える熱戦を繰り広げた2人。霧島は「本当は早く勝負を決めたかったんですが、何かやってくるだろうな、と考えて相撲を取ったから長くなった」と振り返っていた。

「どちらかといえば、豊昇龍の方が強く意識しているでしょうね。元横綱朝青龍の甥っ子で、当初の注目度は霧島とは段違い。それが十両昇進も新入幕も、数場所早く同郷の先輩に先を越されたうえ、向こうはついに大関ですから。負けん気の強い力士だから、霧島に追いつけ追い越せがモチベーションになるでしょう」(角界OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる