オリ主砲杉本に続き“打てる捕手”森友哉も負傷…それでも負けない原動力は中嶋監督の手腕

公開日: 更新日:

 打ちも打ったり16安打ーー。

 10日、楽天を猛打で粉砕したのがオリックスだ。先発全員安打を含む16本のヒットを放ち、8-2の完勝。12球団最速の20勝到達を果たした。

 この日は4番打者で捕手の森友哉(27)が登録抹消。マスクを被った7日の西武戦でファウルチップが右つま先に直撃し、骨挫傷と診断された。もっか森はリーグ2位の打率.308、16打点はチーム2位、5本塁打は同3位だ。リーグトップの8本塁打を打っている杉本裕太郎(32)も、去る4日に左ふくらはぎのケガで登録抹消されている。

 そんな中軸打者2人を欠きながら、しかし、強い。杉本が戦列を離れた4日以降、4勝2敗と順調に貯金を増やしている。たまたま好調なだけなのか、それとも何が要因があるのか。注目すべきは中嶋監督のハンドリングだ。

 この日でいえば、森と入れ替わりで一軍に昇格した福田周平(30)。不調で二軍落ちした4月10日以降、ファーム暮らしが続いていたものの、昇格即「2番・左翼」で起用されると、二回に適時打を放ち、期待に応えた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至