黒崎久志
著者のコラム一覧
黒崎久志中国超級 武漢三鎮足球倶楽部ヘッドコーチ

1968年5月8日生まれ。栃木県鹿沼市出身。宇都宮学園高を卒業した87年に当時JSLの本田技研入り。本田がJリーグ不参加を表明した92年に移籍した鹿島でジーコの薫陶を受けながら活躍。京都、神戸、新潟、大宮でもプレーして2003年に現役を引退。新潟で監督、大宮と鹿島でコーチを歴任した。21年2月に中国1部・山東泰山のヘッドコーチに就任。2年で3つのタイトルを獲得した。89年に日本代表デビュー(24試合・4得点)。

(1)コロナ禍の真っただ中 超高額年俸「爆買い」で栄華を誇った中国リーグからの誘い

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスが猛威をふるっている中国で暮らしサッカーバブル崩壊を目の当たりにしながら2年間、仕事をしてきました。

 現役時代はJSLの本田技研から鹿島、京都、神戸、新潟、大宮とJクラブでプレー。日本代表に1989年から97年まで選ばれて、24試合.4得点という記録を残しました。2003年に引退して10年に新潟の監督に就任。12年の途中まで指揮を執った後、大宮や鹿島でコーチを務めました。

 20年の年末でした。中国の超級(1部)リーグの山東泰山足球倶楽部から「ヘッドコーチをやってみないか」という声がかかりました。この年は年頭から新型コロナウイルスが大流行し、2月にJリーグの休止が決まったり、プロ野球の開幕が延期になったり、著名人の死去も相次いで日本国内の移動にも、厳しい規制が設けられました。

 中国では「ゼロコロナ政策」が敷かれ、規制だらけの日本からも想像がつかないような厳しい制限がかけられました。

 一時は「コロナを封じ込めた」とアナウンスされました。でも、世界中でコロナによる死者が急増しているのに「中国だけ無傷ということはあり得ない」と思いました。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道