日本ハム田中正義はソフトBに足を向けて寝られない!プロ7年目でようやく初勝利

公開日: 更新日:

「すごい時間はかかってしまいましたが、こういう景色が見られてうれしい」

 7年目の日本ハム田中正義(28)が7日の楽天戦でプロ初勝利をあげ、お立ち台で喜びを噛みしめた。

 2016年、5球団による競合の末、ソフトバンクに入団。最速157キロの直球に加え、フォーク、スライダーの精度も高く、一時は12球団全てが1位指名するとまでいわれた逸材だった。

 しかし、創価高1年時に右肩関節唇を故障し、大学4年時にも右肩炎症で離脱を強いられた「古傷」が、何度も田中の行く手を阻んだ。

 1年目のキャンプでいきなり右肩の違和感が再発すると、3年目の19年のキャンプでも右肩の張りでリタイア。公になっているだけで通算4度も右肩痛で戦線を離脱した。20年には右肘の故障で長期離脱を強いられたことも。

 昨オフ、近藤健介の人的補償で日本ハムへ移籍したが、ソフトバンクは昨季まで田中を見放さなかった。プロ6年間で登板数はわずか34試合。先発登板は一度もなかった。普通の球団ならクビにするか、育成で再契約となるところだが、右肩のケアに細心の注意を払いつつ、田中が復活気配を見せるやチャンスを与え続けた。

 田中は日本ハムでリリーフ投手として活路を見出しつつあるが、今があるのはソフトバンクのおかげといっても過言ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?