エンゼルス大谷翔平「二刀流の私生活」を丸裸…英語力、女性関係、ファッションは?

公開日: 更新日:

雑談程度の英語はほぼ理解

 3月のWBC侍ジャパンを14年ぶりの優勝に導き、MVPを受賞した大谷翔平(28)。今季は2年ぶり2度目のア・リーグMVP、史上初の本塁打王とサイ・ヤング賞の同時受賞が期待される。今オフにはFAとなり、メジャー史上最高額となる総額600億円規模の契約が見込まれる二刀流の私生活を丸裸にする。

■英語力

 ベンチや塁上で同僚や相手選手と笑顔で言葉を交わすシーンは珍しくなくなった。

 エ軍のビートライター(番記者)によれば、試合後の囲み取材では、英語での質問にうなずいたり、報道陣の冗談に笑顔を見せることもある。

 地元紙「オレンジ・カウンティー・レジスター」でエ軍の番記者を務めるジェフ・フレッチャー氏は大谷の英語でのコミュニケーション能力に関してこう言う。

「我々との雑談程度なら、会話の内容はほとんどわかっているはずです。ただ、降板後の取材や個別にインタビューを受ける際は表現を間違って誤解を招きたくないのでしょう。正確を期すため、イッペイ(水原一平通訳)に通訳を頼っていますが、首脳陣や同僚選手と冗談を言い合うなど、普段のやりとりを見る限り、ショウヘイの英語は確実に上達しています」

 ネビン監督によると、チームを盛り上げるために、クラブハウスやベンチでは首脳陣にもいたずらするなど、何かと英語でちょっかいをかけている。

 大谷の周囲からは常に笑い声が絶えない。

 エンゼルスタジアムの電光掲示板には大谷がイメージキャラクターを務める化粧品メーカーの広告映像が映し出される。ナインからCMでの演技をいじられた大谷は稼いでいるとばかりに札束を数えるジェスチャーで周囲の笑いを誘ったそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差