ロッテ佐々木朗希にパ5球団は“ベタ降り”? オリがエース山本由伸ぶつけず投げ合い回避説

公開日: 更新日:

オリックスがあえてエースの投入を避けたフシがあるのです」

 在阪マスコミ関係者がこう言った。

 ロッテ佐々木朗希(21)と、オリックスの山本由伸(24)。WBCでも活躍した球界を代表する2人の投手が投げ合ったのは14日。結果は7回を1安打無失点に抑えた佐々木が、6回を5安打1失点の山本に投げ勝って2勝目を挙げた。

 それから、2週間後の28日。本来なら再び2人が投げ合うはずが、オリックスがあえて対戦を避けた可能性があるというのだ。

「山本はWBCの疲労を考慮され、6日に今季初先発。中7日で14日のロッテ戦に登板して以降は中6日、3連戦の初戦の金曜日に投げるプランだったといいます。けれども、2週間後には再び佐々木と投げ合うことになってしまう。それで、もう一度、中7日を続けることでローテをずらしたというのです」

 佐々木は28日の試合前まで3戦3勝。計20イニング無失点、許した安打は5本だけと絶対的な投球を続けていた。勝つ確率の低い試合に、わざわざエースを投げさせる必要はないという判断がオリックス首脳陣に働いたのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至