ロッテ友杉篤輝「俊足」を生かしたプレーの原点 好調時には「1試合6盗塁」何度も

公開日: 更新日:

友杉篤輝(ロッテ・内野手・1年目・22歳)

 山椒は小粒でもぴりりと辛いという。身長は171センチ。小柄ながら、打って守って走って躍動、存在感を発揮しているのがこの選手だ。

 天理大から昨秋ドラフト2位で入団。キャンプから猛アピールを重ね、開幕3戦目でスタメン出場を果たすと、ここまで主に「2番・遊撃」で11試合に出場して打率.303、4打点、2盗塁(27日現在)。

 遊撃守備は無失策。ベテランの藤岡とポジション争いの火花を散らしている。

「内野ならどこでも守れる俊足巧打の選手。彼の最大の武器は足の速さで、盗塁でも(塁間)3.0秒台を記録する。仕掛ける勇気、雰囲気を読むセンス、走塁の勘がある」とは担当の三家和真スカウト。足を生かしたプレーの原点は、中学時代に所属した和泉ボーイズ(大阪)にあった。同クラブの吉井監督がこう振り返る。

「友杉は他の技術はともかく、走力だけは突出していました。ウチは足を使う野球をモットーにしていて、走塁のサインは『走るな』だけ。自由にさせていたので当たり前のように三盗もしていた。調子のいい時は1試合で6盗塁することが何度もあったくらいです。守備ではグラブさばきなどはあまり指導せず、『失敗しても叱らない』と伝え、足を生かすために徹底的にスピードを重視させていました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    楽天・安楽智大「クビ」待ったなし! 暴行、パワハラ、タカリだけじゃない問題児ぶり

    楽天・安楽智大「クビ」待ったなし! 暴行、パワハラ、タカリだけじゃない問題児ぶり

  2. 2
    中田翔に楽天・安楽のパワハラ騒動が飛び火! かつての“問題児”中村紀洋氏は浪人2度を経験

    中田翔に楽天・安楽のパワハラ騒動が飛び火! かつての“問題児”中村紀洋氏は浪人2度を経験

  3. 3
    阿部巨人は山﨑福也にフラれてむしろ吉! 金満FA補強→生え抜き育成へ「大転換」の絶好機

    阿部巨人は山﨑福也にフラれてむしろ吉! 金満FA補強→生え抜き育成へ「大転換」の絶好機

  4. 4
    南野陽子ついにクズ夫と離婚…1300万円結婚指輪“自腹購入”の哀れと結婚直後に剥がれた“化けの皮”

    南野陽子ついにクズ夫と離婚…1300万円結婚指輪“自腹購入”の哀れと結婚直後に剥がれた“化けの皮”

  5. 5
    マフィンの食中毒騒動があぶり出した過剰な「添加物嫌い」…過去に山崎製パンが投じた一石

    マフィンの食中毒騒動があぶり出した過剰な「添加物嫌い」…過去に山崎製パンが投じた一石

  1. 6
    南野陽子は夫逮捕で振り回され…“ダメ夫”に見切りをつけた高岡早紀との分かれ道

    南野陽子は夫逮捕で振り回され…“ダメ夫”に見切りをつけた高岡早紀との分かれ道

  2. 7
    広末涼子“不倫ラブレター”の「きもちくしてくれて」がヤリ玉に…《一応早稲田だよな?》

    広末涼子“不倫ラブレター”の「きもちくしてくれて」がヤリ玉に…《一応早稲田だよな?》

  3. 8
    藤あや子さんはデビュー10年で心折れかけ…秋田に帰るか迷っていた時に出合った歌

    藤あや子さんはデビュー10年で心折れかけ…秋田に帰るか迷っていた時に出合った歌

  4. 9
    原監督「1億円不倫」で巨人敗訴 首位陥落と“二重ショック”

    原監督「1億円不倫」で巨人敗訴 首位陥落と“二重ショック”

  5. 10
    楽天・安楽智大の陰湿イジメ騒動は生徒集めに影響していますか? 母校の済美を直撃した

    楽天・安楽智大の陰湿イジメ騒動は生徒集めに影響していますか? 母校の済美を直撃した