ブライトンFA杯敗退は三笘薫にはむしろ吉 リーグ戦残り9試合でゴール量産のチャンス

公開日: 更新日:

 英プレミア・ブライトン所属の日本代表FW三笘薫(25)が、日本時間23日深夜キックオフのイングランド協会(FA)杯準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦に延長戦を含めて120分フル出場。何度か見せ場をつくったが、チームは0-0から突入したPK戦を落とし、40年ぶり2度目の決勝進出を逃した。

 試合会場は中立地の聖地ウェンブリー・スタジアム。8万1455人の大観衆で埋まった。

 ブライトンが長短のパスを回しながら「ボール保持率61%」で流れをつかみ、マンUが鋭いカウンター攻撃を仕掛けていく展開。0-0で迎えた延長後半9分だった。

 三笘が左サイドからドリブル突破を図り、MFアリスターとの絶妙ワンツーを決めてゴール前に躍り出た。しかし最後のタッチが長く、マンUのGKデ・ヘアが一足先にクリア。絶好の得点チャンスを逃した三笘は「あのシーンにもう一回戻りたい」と試合後にコメント。続けて「ブライトンのサポーターの大きな声が聞こえた。あそこで決め切れるか、決め切れないか、そこで勝敗が分かれる。決勝に行きたかった」と敗退を悔やんだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪