自己最速タイ158キロ右腕オリックス山下舜平大に見る「大谷翔平との共通項」

公開日: 更新日:

 直球とカーブ、まるでひと昔前の高校球児のような配球で西武打線を手玉に取った。

 昨23日、オリックス山下舜平大(20)が西武戦に先発し、7回3安打、無失点、8奪三振の好投。2勝目を手にした。

 この日は自己最速タイの158キロの直球に加え、ほぼ同じ腕の振りで投じる120キロ台のカーブで西武を翻弄。今年のキャンプで野茂英雄氏から伝授されたフォークも数球投げた。お立ち台では「ピンチも多かったけど、そこで踏ん張れたのがよかったです」と、振り返った。

 山下の投球を支えているのは強靭な下半身。福岡大付大濠高時代、八木監督に命じられ、2年秋に毎日、千回の股割りをこなした。本人は嫌々だったというが、そのおかげで下半身が強化された上に股関節の可動域も広がった。これに伴い、球速も大幅アップ。2020年ドラフトで1位指名を勝ち取った。

 エンゼルスの大谷翔平も高い柔軟性を持つ。WBC1次ラウンドが行われた東京ドームでも、試合直前にグラウンドに現れ、大きく開脚する股割りを披露していた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」