オリックスを巣くう「吉田移籍後遺症」深刻な得点力不足、FA森だけでは到底埋まらない

公開日: 更新日:

 今季からレッドソックスに移籍した吉田正尚(29)が苦しんでいる。日本時間11日のレイズ戦でのヒットを最後に、もっか20打席連続無安打(19日現在)の泥沼だ。

 そんな吉田が昨季まで所属していたオリックスもまた得点力不足にあえいでいる。チーム打率.254はリーグトップだが、47得点は同4位。ヒットは出れど点に結びつかず、結果的に効率の悪さが目立っている。

 昨季まで打線の中軸を担っていた吉田は、NPB通算7年で打率.327、133本塁打、467打点。出塁率も.421と高く、チャンスをものにするだけでなく、チャンスメークにも一役買っていた。三振も通算300個と少なく、チャンスを潰さないことにも定評があった。

 ライバル球団のスコアラーが言う。

「吉田のように勝負強く、三振もしない打者が打線に与える影響は大きいですからね。打線が不調でも、吉田に回せば何かが起きるという期待感、敵からすれば恐怖感があった。数字の面だけでなく、打線の精神的支柱として目に見えない効果もありましたから。今季は西武から『打てる捕手』の森がFA移籍。確かに森もいい選手だが、純粋に打者として比べたら吉田には及ばない。結果として吉田に集中していたマークが分散され、各打者は『こんなはずでは……』と苦しんでいるのではないか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至