立浪中日が開幕5戦1勝4敗の大誤算…ロドリゲスの亡命は序章、強権的手法に暗雲漂う

公開日: 更新日:

 中日は開幕直前に激震に見舞われた。キューバ出身で昨季の最優秀中継ぎ投手であるジャリエル・ロドリゲス(26)がWBCのキューバ代表として参戦していた米国で行方をくらまし、メジャーと契約するためにドミニカ共和国へ亡命したのだ。

 立浪和義監督(53)は、全幅の信頼を置いていたセットアッパーを失い、大きなショックを受けていたが、ブルペンの再構築を進めるとともに、「最低で7回を先発に求めたい。数名は投げてほしい」と、先発陣に奮起を促した。

 選手間にも「亡命ショック」が広がっているかと思いきや、意外とロドリゲスを応援する声が少なくないという。中日OBがこう明かす。

「ジャリエルは亡命したことで最低でも1年間はドミニカで暮らすことになるだろうが、メジャーと総額50億円以上の大型契約を結ぶとの報道もある。ジャリエルはメジャーが高い評価をしているにもかかわらず、年俸2億円の2年契約と相場以下だった。抑えのマルティネスにしても、たったの3年総額6億円ですから。しかも、キューバの野球連盟を通じての契約で相当額の中間マージンを取られている。この“奴隷契約”に嫌気が差したとしても不思議ではない。『ようやく実力相応のお金を稼げる。向こうで頑張ってほしい』と見ている選手もいます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽