巨人に浮上した“坂本問題”…球団が託す「原監督にしかできない」今季最大の仕事

公開日: 更新日:

 中日との開幕カードを2勝1敗と上々のスタートを切った巨人に、早くも頭の痛い問題が浮上した。これまで巨人を支えてきた元主将で大黒柱の坂本勇人(34)が精彩を欠いているからだ。

 なんといっても、2000安打をマークしている自慢の打撃がからっきし。2日の中日戦では、同点の七回無死一、二塁で、2年ぶりとなる送りバントのサインが出た。原辰徳監督(64)は「100人いたら100人バントだと思ったけど。彼もしっかり一発目で決めた。流れを出してくれた」と犠打の成功を褒めたものの、坂本はバントを決めて評価される選手では、もちろんない。

 昨季は度重なる故障で離脱を繰り返した。今季にかけるため、WBCに出場する侍ジャパンの招集も断った。それでもオープン戦も22打席無安打が続くなど、36打数4安打、同打率.111と苦しんでいた。2日の試合では遊撃の守備でも飛球が捕れない場面があり、攻守で精彩を欠いている。巨人OBがこう言った。

「オープン戦では遊撃が本職でドラフト4位の門脇誠(22=創価大)が、規定打席に到達した上で打率は全体4位(.286)と結果を残した。遊撃が守れる高卒3年目の中山礼都(20)にしても3割超え(.333)と状態がいい。確かに実績や人気のある坂本を外すには勇気が必要。でも、通算17年目の大ベテランの原監督には多くの“実績”がある。まだ現役が続行できた高橋由伸阿部慎之助といったチームの顔を指導者にするため、ユニホームを脱がせてきた“過去”がある。坂本の復活を願う球団も、いつまでも復調しないようなら、最終的に原監督にはこれをやってもらいたいのです」

 坂本に引導を渡すーー。あるいはこれが、原監督の今季最大の仕事になるかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格