甲子園でナゼ本塁打激減?センバツ8強揃った28試合で8本…コロナ禍以外に「2つの原因」

公開日: 更新日:

 コロナ禍以降、甲子園に華がない。

 開催中の春のセンバツはマスクを外しての声出し応援が認められ、ブラスバンドも復活。スタンドの声援と活気が球場全体を包んでいるが、それでも依然として元に戻らないのが本塁打数だ。

 28日までに28試合が行われて8強が出そろうも、本塁打数は計8本だけ。今年は5年に1度の記念大会で準々決勝までに3試合多いにもかかわらずだ。ちなみに昨年は準々決勝までにわずか3本。2013年から19年大会はすべて準々決勝前に2ケタに達していたことからも、コロナ禍以降はバットが湿っていることが分かる。

 夏の甲子園を見ても本塁打数は激減。コロナ禍直前の3大会の平均本塁打数は55.6本。けれども、21年と22年は、36本と28本だ。

 セ・リーグのスカウトはこう分析する。

「本塁打を打つにはパワーをつけるだけじゃダメ。それなりのコツも必要です。マシンではなく、実戦を通して投手の生きた球を打たないと、遠くに飛ばす技術も磨けません。最近になってやっと元の生活に戻りつつあるけど、コロナ禍以降は練習試合の機会すら減っていたのだから、本塁打が少ないのは仕方ないと思う」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も