MLBの傲岸不遜にNPBの及び腰…このままでは日本のメジャー選手がWBCに参加しにくくなる

公開日: 更新日:

「何年もかけて本気のアメリカをやっつけたいと準備してきたのに、それは違うだろうと」

 27日、WBCで世界一を達成した栗山英樹監督(61)が日本記者クラブで会見。主催者のWBCI(MLBとMLB選手会が共同運営)に大会運営の見直しを訴えた。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 今大会では準々決勝の試合前に突然、日本の準決勝の相手が米国からメキシコに変更される異例の事態が起きた。WBC公式サイトの日程表には当初、米国が1次ラウンドを勝ち上がった場合、「1次ラウンドの順位にかかわらず準々決勝は18日(日本時間19日)、準決勝は20日(同21日)に戦う」というただし書きがあったが、いきなり削除されたのだ。

■突然の対戦相手変更に「それは違うだろ」

 主催者の都合で大会期間中に突然、対戦相手が変わることなど五輪やサッカーW杯などではあり得ないこと。侍ジャパンもメディアも騒然となったこの一件について、栗山監督は強い口調でこう言った。

「ルールを最初から決めておかないと。(大会が)進みながら変わることがすごいいっぱいあった。僕は準決勝はアメリカだと思っていた。優勝するというより、本気のアメリカをやっつけたかった。投手づくりもそういうイメージでやっていた。決勝で戦えて結果的には良かったですが、MLB主催とはいえ、それは違うだろと」

 栗山監督は宮崎合宿中、「こっちはいろんな要望を(WBCIに)ずっと出している。100個くらい。文句じいさんくらい」と話すなど、大会前から口酸っぱく要望を伝えていた。その一つがメジャーリーガー招集の問題だ。

 栗山監督は宮崎合宿の初日から参加したものの、壮行試合に出場できなかったダルビッシュ(36=パドレス)を例に挙げこう警鐘を鳴らした。

「普通に考えるとあの球数で試合に出すことはあり得なくて。(規定上)一切試合に出られず、いきなり韓国戦にいかないといけない。調整がきかなくて調子が上がらない状況だったのは間違いない。ダルごめんなって謝りましたが、今の形だとアメリカに行ってる選手がWBCに参加しにくくなる。もしくはギリギリまで向こうで試合に出て一発勝負で集まる形しかなくなる。それは日本のファンにとって面白くないこと。表には出せないけど保険のこととかいろんなことがあった。徹底的にやり合いましたけど、それはファンの皆さんに伝える必要のないこと。裏でしっかりやらないといけないこともあるので。僕が感じたことはしっかり言っていきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差