大阪桐蔭・前田や専大松戸・平野が…ドラフト候補投手の球速が落ちて変化球頼みのナゼ

公開日: 更新日:

 ネット裏から春のセンバツを見ていて、気になったことがある。

 ドラフト上位候補と評価していた投手たちが、軒並みピリッとしないからだ。

 例えば、大阪桐蔭の左腕・前田悠伍。昨年からエースとして150キロ近い速球を、右打者の内角にビシビシ投げ込んでいた。右打者のふところに食い込む球威あるストレートは大きな武器。ドラフト1位は間違いないと思ったほどだ。

 ところが、今回は130キロ中盤のストレートがほとんど。スピード自体がないうえに、右打者の内角に食い込むような球もほとんどない。初戦では外角に逃げるチェンジアップなどで14三振を奪ったものの、敦賀気比打線にストレートを狙い打たれていた。

 スピードがなかったといえば、専大松戸(千葉)の右腕・平野大地もしかり。昨年は150キロ台の速球を投げていたが、今回は速球の大半が130キロ台。序盤はカーブやスライダーなどの変化球が中心だった。

 聞けば、平野は球速より、球のキレや制球を重視するようになったという。高校野球は勝ってナンボ。前田もそうだが、変化球を多投しているのも、結果を求められているからだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差