大谷翔平WBC制覇&MVPの快挙! 侍Jで「ヒリヒリした試合」経験、決勝でも胴上げ投手に

公開日: 更新日:

 最後の打者となった盟友・トラウト(エンゼルス)を空振り三振に打ち取ると、歓喜の雄叫びを上げながら、グラブと帽子を勢いよく放り投げた。

 22日のWBC決勝の米国戦。日本が3-2で勝利し、2009年大会以来の世界一を奪還した。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚) 

■泥まみれのユニホームで

 最大の原動力となったのは、投打二刀流の活躍で大会MVPを獲得した大谷翔平(28=エンゼルス)だ。

 1点リードで迎えた九回表、「3番・指名打者」でスタメン出場していた大谷が、泥まみれのユニホームでマウンドへ向かった。

 六回表からブルペンとベンチを行き来しながら登板に備え、1球ごとにローンデポパークに雄叫びが響き渡った。先頭のマクニールにフルカウントから四球を与えるも、ベッツを4─6─3の併殺打に打ち取り、2アウト。これが、ドラマを生んだ。

 エンゼルスの同僚で、米国代表のキャプテン・トラウトとの夢対決が実現したのだ。アドレナリン出まくりの大谷は160キロを連発。フルカウントからの6球目、鋭く大きく滑る外角スライダーでバットに空を切らせ、年俸総額520億円の最強軍団をグラウンドに沈めた。

 優勝トロフィーを手にし、ナインに胴上げされた大谷は顔を紅潮させながら、「夢見ていたところなので本当にうれしい。粘り強く、最後の最後まで諦めずに戦うことができた。(トラウトとの対決は)最高の形で迎えて、最高の結果になってよかった。正直、(WBCが)終わってしまうのはさみしい。この先、日本だけでなく、韓国、台湾、中国、そのほかの国ももっともっと野球を大好きになってもらえるように、その第一歩として優勝できたことが良かったし、そうなってくれることを願っています」と話した。

 かねて渇望していた「ヒリヒリした試合」を経験した大谷は、米国戦の試合前、ロッカールームでこうゲキを飛ばした。

「僕からはひとつだけ。憧れることはやめましょう。一塁にゴールドシュミットがいて、センターを見たらトラウト、外野にムーキー・ベッツがいたりとか。野球をやっていれば誰しも聞いたことがあるような選手がいると思うんですけど、今日一日だけは憧れてしまったら、超えられないんで。僕らは今日、僕らはトップになるために来たので。今日一日だけは、憧れるをやめて、勝つことだけ考えていきましょう。さあ行こう!」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路