著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

チャナティップはビジネス、スパチョークはエコノミー…タイ代表の飛行機座席問題の深層

公開日: 更新日:

 タイのフットボールメディアが騒がしい。代表チームの試合内容について、でも選手のパフォーマンスの良し悪しについて、でもない。タイ代表選手が帰国する際の飛行機座席をお題に賑わっている。

 フットボールメディアのみならず、タイのキー局・チャンネル3傘下の有名トークニュース番組「ホーンクラッセー」までもが、公式SNSで取り上げる程に注目が集まっているのだ。

 ◇  ◇  ◇

 事の発端は、タイ代表・スパチョーク(北海道コンサドーレ札幌)のチーム通訳が発したSNS投稿に起因する。

 彼の言い分を簡単にかいつまむと……。

「国を代表して戦うために帰国する選手が何故エコノミークラス利用なんだ」というもの。それは代表選手のステイタス云々という類のものではなく、身体に及ぼす影響を考慮した発言なのだとも読み取れた。

 そして、これには若手主演(スパチョーク)の陰に助演男優の存在があった。タイサッカー界のアイコン・チャナティップ(川崎フロンターレ所属)である。

 実は、チャナティップだけがビジネスクラスに座り、スパチョークはエコノミークラスに座っていた事実に対しての投稿だったのだ。

 日本語がままならないスパチョークの通訳業務のみならず、生活全般をサポートしている彼としては、可愛い兄弟へのタイサッカー協会(以下FAT)の対応が、はなはだ許せなかったのだろう。

 そして通訳のSNS投稿をメディアがこぞって煽った結果、事態は急変することになる。マダム・ペーン(美魔女と呼ばれるタイ代表を支えるスポンサーである“タニマチ女史“)が、彼らの日本へ戻る復路航空券をビジネスクラスへ変更手配することを自身のSNS投稿で約束し、事態はひとまず落ち着いたことになっている。

 この騒動の渦中、偶然にも筆者はそれらの一部始終を目撃していたのである。

 3月18日土曜日、夜の羽田空港。タイ・パタヤで行わている「AFCビーチサッカー・アジアカップ」の取材へと向かうため、バンコク行きの搭乗を待っていた。すると同日の試合(J1第5節)に出場していたチャナティップとスパチョークの姿を確認。3月の国際Aマッチデーに行われるうUAEでの国際親善試合(2試合)に招集され、帰国するふたりも同便だったのだ。

 そして、この「座席格差問題」=チャナティップは機内前方(ビジネス)に座り、スパチョークだけが後部座席(エコノミー)に座る姿(これは筆者座席の直ぐ前側だったことで目視確認済み)に違和感を覚えていたのは筆者も同じく。

 タイ到着後、パタヤへ向かう車内でいじっていたスマホから飛び込んできた一連の事態を知って驚愕したのと同時に、ジャーナリスト的には「自らの引きの強さ」にビビったことも軽く記しておきたい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変