WBC準決勝で侍Jと対戦メキシコには重大欠点! 身体能力ケタ違いも集中“プッツン”あるある

公開日: 更新日:

 日本時間18日に行われたWBC準々決勝のメキシコープエルトリコ戦は、メキシコが5-4で勝利。同21日の準決勝で日本代表と対戦する。

 メキシコ代表には現役メジャーリーガーが多数参加。1次ラウンドで米国を撃破しての1位通過だ。

 日本代表にとって、今大会で初めてぶつかるであろう高い壁。投手戦になるか打ち合いになるか、いずれにしても、これまでのような楽な戦いはさせてくれそうにない。

 しかし、そんなメキシコにも穴、欠点はある。大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「これは中南米の選手にありがちですが」と、こう続ける。

「感情を爆発させて後先考えない行動に出ることが少なくない。さらにチーム一丸で団結し、集中力が高まっている時は恐ろしい相手だが、その集中力が長く続かない傾向もある。今大会ではメキシコの遊撃手、ルイス・ウリアス(ブルワーズ)が、12日のコロンビアとの延長戦でさほど難しくない打球をファンブル。この隙に三塁走者がホームインし、格下のコロンビアに決勝点を献上してしまった。プエルトリコでもエース格のホセ・ベリオス(ブルージェイズ)は元々好不調の波が激しく、13日のベネズエラ戦では2回途中6失点でKOされています」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  3. 3
    梅宮辰夫は立候補…カルーセル麻紀の処女を奪った男の真相

    梅宮辰夫は立候補…カルーセル麻紀の処女を奪った男の真相

  4. 4
    山川穂高謹慎で電撃トレードの現実味…ジリ貧の西武が狙う巨人、阪神の“野手5人”の名前

    山川穂高謹慎で電撃トレードの現実味…ジリ貧の西武が狙う巨人、阪神の“野手5人”の名前

  5. 5
    嵐はジュリー社長の“オキニ”、櫻井翔は秘蔵っ子的存在…「性加害問題」遅すぎた釈明の深層

    嵐はジュリー社長の“オキニ”、櫻井翔は秘蔵っ子的存在…「性加害問題」遅すぎた釈明の深層

  1. 6
    タッキー社長の本格始動に“勝機と商機”あり 大手レコード会社から2組デビューで滑り出し上々

    タッキー社長の本格始動に“勝機と商機”あり 大手レコード会社から2組デビューで滑り出し上々

  2. 7
    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

  3. 8
    「松本人志オワコン説」は本当か? ケンコバの元相方が長年の“悪しき慣習”を痛烈批判

    「松本人志オワコン説」は本当か? ケンコバの元相方が長年の“悪しき慣習”を痛烈批判

  4. 9
    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

  5. 10
    中田敦彦に松本人志を批判する資格はあるのか? 関係者から失笑&総スカンされるワケ

    中田敦彦に松本人志を批判する資格はあるのか? 関係者から失笑&総スカンされるワケ