大谷翔平“貫禄の4000万円帰国”に狂喜乱舞! 侍J首脳陣「リアル二刀流」依存に一抹の不安が…

公開日: 更新日:

 すでに打ち上げた侍ジャパンの宮崎合宿で連日、話題を独占していたのがダルビッシュ有(36=パドレス)。ただひとりのメジャーリーガーとして昼夜を問わず、メディアを賑わせていたとはいえ、2日を境に主役は交代する雲行きだ。

 大谷翔平(28=エンゼルス)が日本時間1日のアスレチックス戦でオープン戦初登板。2回3分の1、34球を投げて無安打無失点、2奪三振。ストレートは最速158キロをマークした。

 試合後はアリゾナのフェニックス・スカイハーバー国際空港へ直行。プライベートジェットでアリゾナを発ち、この日のうちに羽田に到着。2日にも名古屋で練習する侍ジャパンに合流するからだ。

 大谷がプライベートジェットに乗り込み、離陸する様子が本人のインスタグラムにアップされると、その映像をテレビが夕方の番組で流すなど、早くも話題になった。

 ダルが東京から宮崎に移動したプライベートジェットのチャーター料金は、フライト1時間あたり約53万円。楽天田中将大はヤンキース移籍1年目、雪で通常便が欠航すると、ボーイング787をチャーター。ニューヨークまでの料金は約2000万円といわれた。

 が、今回、大谷が利用したのはケタ違いの超高級プライベートジェット航空会社「VISTA JET」の「グローバル7500」という機体。4つのリビング、備え付けのベッドにソファやテレビも。えりすぐりの食事を提供するため、7000超のレストランやシェフ、生産地と提携しているという。

 個人機体所有者向けの情報発信メディア「プライベート ジェット カード コンパリソンズ」によると、この「グローバル7500」の1時間あたりの利用料金は約340万円。今回の飛行時間は約10時間だから、諸経費も含め少なく見積もっても4000万円近くかかる計算になる。さすが今季年俸40億円のスーパースター。帰国する前から大騒ぎになるのも納得だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽