「ダル先生」に侍J首脳陣もNPBもおんぶに抱っこ “前のめり”栗山監督とは真逆の存在感

公開日: 更新日:

「みんな大きいケガなくできていると思うので、楽しかったです。すごくみんな表情が明るくなったと思いますし、コミュニケーションもロッカールームでも楽しそうに話しているので、笑顔も増えました」

【写真】この記事の関連写真を見る(12枚)

 27日、侍ジャパンが宮崎合宿を打ち上げ、チーム最年長のダルビッシュ(36=パドレス)は11日間をこう振り返った。

 メジャーリーガーとして唯一、合宿に参加。山本(オリックス)、佐々木(ロッテ)ら後輩投手たちに惜しみなく自身の技術や知識を提供。若手とのコミュニケーションについて、「友達だと思って接すること。年齢とかはまったく気にしていない」と話した。

 ダルからカットボールをレクチャーされた栗林(広島)はこう言う。

「僕のカットは、意識はしていないが横に大きく曲がる感じ。ダルビッシュさんのは、より真っすぐに近いです。握りだけを変えて真っすぐを投げるような感じ。練習していけば使えるかもしれないと思っています。ダルビッシュさんと僕、2種類のカットボールを使い分けることができれば、すごい武器になります」

 合宿最終日のこの日も、26日の壮行試合で制球に苦しんだ松井(楽天)がダルから投球フォームなどについてアドバイスをもらっていた。

■野手とも積極交流

 親しくしているのは投手に限らない。先日、山川(西武)、近藤(ソフトバンク)ら野手5人と寿司店で会食。同席していた大城(巨人)は「投手と野手では練習の場所や時間が違いますし、限られた時間しかない中でも、僕自身が見ていて、壮行試合の際のベンチでも、野手とも積極的にコミュニケーションを取ろうとしていると思います」と言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた