藤浪晋太郎まるで別人!アスレチックスで評価急上昇、古巣・阪神これじゃ赤っ恥

公開日: 更新日:

 ユニホームが変わって別人だ。アスレチックスの藤浪晋太郎投手(28)が19日(日本時間20日)、フォーストGMらが見守る中、キャンプ2度目のブルペン投球を行い、ピーニャ捕手が力のある直球を絶賛。コッツェー監督やエマーソン投手コーチの評価もうなぎ上りだ。

 そんな報道に胸中複雑なのは古巣の阪神だろう。OBが言う。

「昨季の藤浪は16試合に登板し、3勝5敗、防御率3.38。この程度の成績で契約更改すれば4900万円の年俸はダウン必至だった。そんな藤浪とアスレチックスは、1年325万ドル(約4億3800万円)の条件に、総額100万ドル(約1億3500万円)の出来高までつけた。もしも新天地で活躍すれば、7年間も一、二軍を行ったり来たりさせていた球団や投手コーチなどは赤っ恥をかくことになる」

■選手たちは「頑張れ!」

 ならば、選手たちは藤浪をどう見ているのだろうか。別のOBがこう語る。

「多くの選手は今回の移籍を『ええ契約やないか』と祝福しています。197センチの長身から投げ下ろす160キロ超のストレートがどれほどのものか、彼の潜在能力の高さを、一緒にプレーしていた選手はみんな知っていますからね。ダルビッシュや巨人の菅野(智之)と自主トレやって、いろいろなことを教わっていたから投手コーチは面白くなかったかもしれないが、落合(博満=元中日監督)も言っていた通り、1年目から3年連続2桁勝利の藤浪を7年間も戦力にできなかったのは首脳陣の使い方や指導力に問題があると誰もが思っています」

 古巣がじだんだを踏む復活劇はあるか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽