著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

ダルはチャーター機で宮崎入りも…スター選手の自家用ジェット操縦が歓迎されないワケ

公開日: 更新日:

 WBCのキャンプに参加するため、ダルビッシュ有(パドレス)が、プライベートジェットで宮崎入りした。搭乗したのは小型のセスナ525サイテーション(最大6人搭乗可能)で、岡山航空が所有するチャーター機だった。日本ではプライベートジェットの普及が進まず、国内の保有数は100機に満たない。今回、ダルはチャーター機で移動しただけで話題になったが、国内に約2万機もある米国ではメジャーリーグの有名選手が遠征先に球団専用機ではなくプライベートジェットで移動する光景が日常的に見られる。

 エンゼルスのネビン監督は現役時代、パドレスの主砲として活躍。1000万ドル前後の年俸を稼いでいたため所有するプライベートジェットで移動していた。時には仲のいいチームメートを乗せることもあり、2004年から2シーズン、パドレスに在籍した大塚晶則も同乗した経験がある。

 最も豪華なプライベートジェットを所有していたのはヤンキースの元スーパースター、アレックス・ロドリゲスだ。彼が所有していたのは販売価格20億~40億円のガルフストリームⅣという機種。この機種は座席が22席あり、彼はそれを外して安楽椅子のようにゆったりした座席と、一つの大きなベッドに置き換え、複数の交際相手とフライトを楽しんだ。ヤンキース時代の06年には、雇ったパイロットが操作を誤って着陸時に機体が滑走路から外れ、停止する事故がニュースになった。その後もプライベートジェットへの執着は衰えず、人気解説者になった現在も年間500時間も乗り続けている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた