栗山監督のWBC“大谷リアル二刀流”構想が吹き飛ぶこれだけの根拠 エ軍GMは「制限なし」発言

公開日: 更新日:

 エンゼルスのフロントは、とりあえず寛大な姿勢を見せている。

 日本時間5日、本拠地エンゼルスタジアムで日米の報道陣に対応したペリー・ミナシアンGMは、投打の二刀流での出場が期待される3月開幕のWBCでの大谷翔平(28)の起用に関して「どうプレーするか何の制限も設けない」と話した。

 すでにキャンプ地のアリゾナ州テンピでトレーニングを始めている大谷は今月17~27日に行われる日本代表合宿には合流せず、16日から始まるバッテリー組のキャンプに参加予定。同GMによれば、26日から始まるオープン戦に1試合登板し、「ショウヘイはおそらく3月1日(日本時間2日)に日本へ出発する」という。

■先発は2試合が上限

 3大会ぶりの優勝を目指す侍ジャパンにとっては、言うまでもなく大谷の二刀流での活躍は不可欠。すでに栗山英樹監督は「本人の体の状態と相談になるが」と前置きしながらも「目いっぱいいきたい」「(先発だけでなく)抑えという考えもゼロじゃない」と発言。基本的に全試合DH、なおかつ先発もと、リアル二刀流での起用すらほのめかしているという。

 とはいえ、栗山監督が二刀流をフル活用できるとは思えない。エ軍が定める登板試合数や球数、打席数があるからだ。

 2018年の入団以来、エ軍首脳陣はキャンプ、オープン戦での大谷の起用法には細心の注意を払ってきた。

 打者としては十分な出場機会を与える。右肘の靱帯を修復するトミー・ジョン手術明けの19年、コロナ禍の20年を除けば、少なくとも30打席以上は確保してきた。実戦での投球に早く対応させるためだ。今季に関してはアリゾナでのオープン戦に加え、WBC本番でバッターボックスに立つ機会は十分あるだけに打席数は問題ないものの、問題は登板試合数や球数だ。

 右肘手術から復帰した21年以降、スプリングトレーニングでの登板機会はライブBPなどの実戦形式のマウンドも含めて4試合相当(最長6イニング)、球数にして計215球程度を投げてきた。今回のアリゾナキャンプでは打者を相手に実戦形式で30球程度、オープン戦で50球をめどに登板する見込みだ。つまりWBCで投げられるのは単純計算で135球。大谷は基本的に先発だからWBC本番での登板は2試合が上限になる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 3

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  4. 4

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  5. 5

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  1. 6

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  2. 7

    朗希の“歯車”は「開幕前からズレていた説」急浮上…メジャー挑戦どころじゃない深刻事態

  3. 8

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  4. 9

    ドジャース投壊深刻…大谷はレッドソックス戦力外の“兄貴分”上沢直之獲得を進言できないか?

  5. 10

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変