東京五輪パラ組織委の元次長 テスト大会の落札業者から顧問料を受け取っていた

公開日: 更新日:

 東京五輪・パラリンピックの組織委員会大会運営局の元次長が、テスト大会の業務を落札した企業から顧問料をもらっていることがわかった。1日の毎日新聞が報じた。元次長と落札企業は五輪テスト大会の談合事件で、東京地検特捜部の家宅捜索を受けている。

 元次長と顧問契約を結んでいたのはイベント会社「セレスポ」。陸上競技の大会運営を得意とし、2018年に組織委が発注したテスト大会26件の計画立案業務では陸上競技会場など5件を1億1590万円で受注。

 落札件数、金額とも受注した企業9社の中でトップだった。元次長の部下には「セレスポ」からの出向者もいた。  

 元次長は日本陸上連盟から組織委に出向。テスト大会を統括する立場にあり、入札する企業に対して応札を差配、調整をし、企業間の公正な競争を制限。独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いが持たれている。

 22年3月に元次長は組織委への出向を終えたが、陸連には戻らず、4月から「セレスポ」の顧問になった。11月に特捜部と公正取引委員会が元次長の自宅と「セレスポ」本社を家宅捜索。同月で顧問契約が打ち切られた。組織委職員は「みなし公務員」で法令順守と高い倫理観が求められている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 2
    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

  3. 3
    『ザ・ノンフィクション』話題の婚活回で“パロディー”にもなった50代男性の現在

    『ザ・ノンフィクション』話題の婚活回で“パロディー”にもなった50代男性の現在

  4. 4
    7カ月遅れで完成…岡田准一&宮崎あおい“5億円豪邸”の評判

    7カ月遅れで完成…岡田准一&宮崎あおい“5億円豪邸”の評判

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 7
    「らんまん」語りで8年ぶり地上波連ドラ出演も…宮崎あおい“不倫・略奪”に今も女性の拒否反応

    「らんまん」語りで8年ぶり地上波連ドラ出演も…宮崎あおい“不倫・略奪”に今も女性の拒否反応

  3. 8
    小室圭さん“年収倍増”報道で《お前らが努力しなかった10年で年収3800万円になった》投稿が話題

    小室圭さん“年収倍増”報道で《お前らが努力しなかった10年で年収3800万円になった》投稿が話題

  4. 9
    STARTO本格始動で際立つ日テレのシタタカさ…TV各局×旧ジャニーズ“蜜月濃度”には微妙な変化

    STARTO本格始動で際立つ日テレのシタタカさ…TV各局×旧ジャニーズ“蜜月濃度”には微妙な変化

  5. 10
    小池都知事は次の選挙で「カイロ大卒」と記すのか 学歴詐称疑惑再燃で「選挙公報」に注目集まる理由

    小池都知事は次の選挙で「カイロ大卒」と記すのか 学歴詐称疑惑再燃で「選挙公報」に注目集まる理由