澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

公開日: 更新日:

 ロッテに元レッドソックスの剛腕・澤村拓一(34)が復帰した。

 2020年9月に巨人からトレードでロッテに加入。3者三振デビューを飾るなど、セットアッパーとしてCS進出に貢献した。シーズン終了後に海外FA権を行使し、米レッドソックスへ移籍。ロッテの在籍期間はわずか数カ月だったが、「アメリカに行く際に待ってくれたというか、快く送り出してくれた千葉ロッテというチームへの義理を守るということもそう」と、球団への感謝の気持ちをロッテ復帰の理由に挙げていた。

 さる球界関係者がこう言った。

「恩義というなら、2、3カ月しかいなかったロッテより、10年間在籍した巨人に戻るのが筋のはず。澤村は移籍したロッテやレッドソックスでまずまずの成績を挙げたことで、今回は水面下で複数球団の争奪戦になった。当然、巨人も声を掛けたそうです。昨年4位に沈んだ巨人は、勝ちパターンの救援陣を固定できず、特にリーグワーストの失点だった八回のリリーフ投手が定まらなかったことが敗因の一つだった。澤村なら抑えの大勢につなぐ役割もできたはずでしたが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差