司法書士 桧山泰浩(3)近鉄時代の後悔「プロ4年目の本塁打被弾で野球人生が終わった」

公開日: 更新日:

司法書士 桧山泰浩(55歳・近鉄→韓国プロ野球)

 司法書士として福岡市内に「桧山泰浩司法書士事務所」を構えること26年。仕事は順風満帆だという桧山氏だが、現役時代には心残りがある。

 東筑高(福岡)から1985年のドラフト1位で近鉄に入団。高卒選手は入団直後、プロのレベルの高さに衝撃を受けて打ちのめされることもしばしばだが、桧山氏は違った。

「近鉄に入ってからの第一印象は『やれる』でした。変に自信めいたものがあったんです。レベルの違いは感じたけど、そのうち克服できるだろうと。これが甘い見積もりだったのかもしれません。最初のうちに『やばい』と思う人ほど努力するから。今振り返れば、私の現役時代は努力が足りなかったと思います」

 プロ4年目のオープン戦で日本ハムから1勝を挙げ、プロ野球人生に弾みをつけたつもりだったが、次戦の中日戦で2者連続本塁打を被弾。心が折れた瞬間だった。

「僕の野球人生はここで終わったようなものでした。プロの壁は想像していたよりも高いと気付いたんです。4年目に急に取り組み方を変えようと思っても無理だった。本当は越えないといけない壁を、もう越えられなくなっていた。厳しいな、もう無理だなって。限界を悟り、プロ5、6年目は惰性でやっているようなものだった。そうこうしているうちに、同期や後輩が一軍に上がって行く。悔しさがなかったといえばウソになります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

  2. 2
    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償

    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償

  3. 3
    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

  4. 4
    「罠の戦争」健闘するも…フジ冬ドラマ不振がキムタク「教場0」の“おぜん立て”という皮肉

    「罠の戦争」健闘するも…フジ冬ドラマ不振がキムタク「教場0」の“おぜん立て”という皮肉

  5. 5
    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

  1. 6
    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

  2. 7
    ロンブー淳「ガーシー逮捕状」に沈黙貫く…番組出演促す発言、BTS詐欺擁護で問われる責任

    ロンブー淳「ガーシー逮捕状」に沈黙貫く…番組出演促す発言、BTS詐欺擁護で問われる責任

  3. 8
    「ペンギン池落下」で最も迷惑なのは春日俊彰? カンニング竹山ら先輩の「擁護」が逆効果

    「ペンギン池落下」で最も迷惑なのは春日俊彰? カンニング竹山ら先輩の「擁護」が逆効果

  4. 9
    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

  5. 10
    高市早苗氏は地元や総務省から総スカン…捏造発言は職員への「配慮」と主張の支離滅裂

    高市早苗氏は地元や総務省から総スカン…捏造発言は職員への「配慮」と主張の支離滅裂