関東・東京は横浜?二松学舎大付? センバツ出場校決定に今年も“あいまい選考”の不安

公開日: 更新日:

 結局は玉虫色の決着か。

 きょう(27日)に行われる第95回選抜高校野球大会(春のセンバツ)の選考委員会。これまで実施してきた選出校への電話連絡が廃止となり、大会公式サイトのライブ配信で結果が発表される。

 今年は5年に1度の記念大会で、出場校は例年の32校より4校多い計36校。東北、関東、東海、四国で1枠ずつ増える。センバツ出場校の選考を巡っては昨年、2枠ある東海地区で、東海大会準優勝の聖隷クリストファー(静岡)が落選。同大会ベスト4の大垣日大(岐阜)が選出され物議を醸した。

 日本高野連はその反省を踏まえ、センバツ改革検討委員会を設置。昨年7月には選考過程の明確化を目指した「選考ガイドライン」を作成した。が、そこに明記されたのは「秋季大会の試合結果と試合内容をもとに評価し、その割合は同程度として総合的に判断する」「できるだけ多くの都道府県から出場できるよう地域性を考慮」などと、あいまいな内容が散見され、必ずしも透明性が確保されたとは言い難い。

 夏の大会は各都道府県大会の優勝校が自動的に甲子園切符を獲得する。「21世紀枠」もなく、選考基準がシンプルでハッキリしている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽