シャルケ上月壮一郎は「ストライカー不在」森保Jの掘り出しモノに? 独1部デビュー2戦目で初得点の値打ち

公開日: 更新日:

 シャルケのFW上月壮一郎(22)が、ドイツ1部デビュー2試合目のライプチヒ戦(日本時間25日)でゴールを決めた。

 2021年にJ2京都の控えメンバーだった上月は22年2月、アマチュアリーグのドイツ5部チームに移籍。そこで活躍して翌シーズンの4部昇格に貢献した。同年8月にシャルケの二軍に加入。頭角を現して昨年末に一軍とプロ契約を交わし、21日のフランクフルト戦で1部デビューを飾ったばかりだった。

 半年ほど前は5部に所属していた選手が、今季3位の強豪ライプチヒから初ゴールだ。

 京都・宇治市出身。身長181センチ、体重72キロ。主戦場の右サイドから迫力あるドリブル突破を武器とし、タイミング良くDFの背後を突いてシュートに持ち込むプレーも得意とする。

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

■シュート場面も極めて冷静

「1トップの新加入FWフレイが左サイドに流れてボールをキープ。タイミング良く攻め上がった上月は左CBと左DFとの間隙を突き、何よりもパスを受けた際のトラップが見事だった。相手ゴール方向に<長めのトラップ>をすることでDF2人を置き去りにし、GKとの1対1の場面に持ち込んだ。シュート場面も極めて冷静だった。両手足を広げてシュートコースを消してきたGKの動きを見極め、右足インサイドでGKの左手と左足の間を狙ってゴール右に流し込んだ。実に素晴らしいゴールでした」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

    芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

  2. 2
    吉田正尚もっかWBC打点王「13打点」は大会新! マイアミで「5年120億円」の価値証明

    吉田正尚もっかWBC打点王「13打点」は大会新! マイアミで「5年120億円」の価値証明

  3. 3
    小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に

    小倉一郎さん「がん」が肺、胸骨、脳の4カ所に…大病を機に、やりたい3つのことすぐ行動に

  4. 4
    佐々木朗希はWBC準決勝で“虚弱”返上 160km超え連発で全米に衝撃、メキシコ指揮官も絶賛!

    佐々木朗希はWBC準決勝で“虚弱”返上 160km超え連発で全米に衝撃、メキシコ指揮官も絶賛!

  5. 5
    広瀬すず&永瀬廉の演技力のおかげ?「夕暮れに、手をつなぐ」は“爆死”ギリギリ回避

    広瀬すず&永瀬廉の演技力のおかげ?「夕暮れに、手をつなぐ」は“爆死”ギリギリ回避

  1. 6
    道端ジェシカ容疑者逮捕で「姉妹・兄弟売り」リスク露呈…トラブル歴なし長女カレンまた謝罪

    道端ジェシカ容疑者逮捕で「姉妹・兄弟売り」リスク露呈…トラブル歴なし長女カレンまた謝罪

  2. 7
    道端ジェシカ容疑者“泳がせ逮捕”はMDMA常習だからか…元麻取は「売人」の可能性も指摘

    道端ジェシカ容疑者“泳がせ逮捕”はMDMA常習だからか…元麻取は「売人」の可能性も指摘

  3. 8
    いまも生きている父・徹さんの教えとTJ手術後のスケールアップ

    いまも生きている父・徹さんの教えとTJ手術後のスケールアップ

  4. 9
    井上真央の次の大仕事は…「100万回言えば」はファンタジー設定でも視聴者の心ワシづかみ

    井上真央の次の大仕事は…「100万回言えば」はファンタジー設定でも視聴者の心ワシづかみ

  5. 10
    ビートたけしセミリタイアいよいよか…高田文夫が明かした「田舎暮らし」は終活の一環?

    ビートたけしセミリタイアいよいよか…高田文夫が明かした「田舎暮らし」は終活の一環?