涌井秀章19年目の新天地で見えてくる「通算200勝・50歳現役」 中日本拠地は投手有利

公開日: 更新日:

 19年目のシーズンを新天地で迎えることになった中日涌井秀章(36)が、千葉県館山市で行っている自主トレを公開。「開幕から先発ローテーションに入って一度も外れずに投げることと優勝が目標」と宣言した。

 オフに楽天から阿部との交換トレードで移籍した右腕には、それとは別にかねて公言する目標がある。残り46勝としている「通算200勝」と「50歳までの現役」である。どちらも達成は容易ではないが、「少なくとも中日に移籍したことで、その可能性は広がったと思う」と評論家の橋本清氏がこう続ける。

「周知の通り、中日の本拠地・バンテリンドームナゴヤは12球団で最も本塁打が出にくい投手有利の球場として知られています。例えば、昨季のバンテリンで出た本塁打数は62試合で56本に対し、涌井の古巣である楽天の本拠地・楽天生命パークは同じ62試合で93本。投手にとってこの差はとてつもなく大きく、マウンドで感じるプレッシャーがまったく違ってくる。

 涌井は現役最多の通算60完投を記録するタフネスぶりが持ち味のひとつで、6月で37歳になる今も変わらず『先発完投』を意識しているとはいえ、中日が誇る強力リリーフ陣も心強い。昨季の中日の救援防御率は12球団4位の2.93と盤石で、楽天は3.03。攻撃力に不安を抱える中日打線からの援護という点では割り引いて考える必要はありますが、投手寿命に与える影響は球場の広さとブルペンの戦力というプラス面の方が大きい」

 中日には、50歳まで現役で投げた山本昌という前例もある。

 涌井の獲得を巡っては多くのファンから、「貧打解消が課題の中日がなぜ、中軸打者の阿部を放出して投手の涌井を獲得?」と疑問の声が上がったが、本人にとってはいいことずくめの移籍になりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず