東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

公開日: 更新日:

 週刊文春の報道を契機に部内体罰と報告義務違反が発覚した東海大菅生(西東京)の若林弘泰監督(56)。日本学生野球協会は20日、同監督に昨年12月5日から4カ月の謹慎処分を下した。同校は昨秋の東京大会で優勝しており、今春のセンバツ出場が確実視されているが、本番でのベンチ入りはかなわなくなった。

 1990年代に中日で投手としてプレーしていた若林監督は09年に監督就任以降、チームを甲子園に春2度、夏2度導き、最高成績は17年夏の4強だ。

 そんな強豪校を率いる“名将”は、練習試合でカバリングを怠った1年生部員の尻を蹴ったり、バットで殴ったりするなど、部員に対して日常的に暴力を振るっていたという。不祥事が明らかになり、各界に激震……と言いたいところだが、果たしてそうか。

 今回のような体罰はアマ球界において氷山の一角に過ぎない。昨夏の甲子園地方大会で、関西のある古豪校が下馬評を覆して強豪校を打ち破った直後のこと。報道陣に囲まれた監督がこんなことを言っていた。

「勝因はこの炎天下で気持ちを切らさなかった“根性”です。ウチの強みは根性。どうやって鍛えたか? オフレコですが、ウチはめちゃくちゃ叱るし、体罰もガンガンやる。昭和の頃と変わらないくらい(笑)。言い方は悪いけど、勉強のできない子たちばかりが集まっているから、せめて野球だけは本気でやってほしい。怠慢プレーがあれば(平手をする手ぶりを交えつつ)スパーンですよ」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」