崖っぷち男子バスケ日本代表…W杯必勝へ三屋裕子会長ら“神頼み”でも正念場は変わらず

公開日: 更新日:

 年が明け、神社仏閣に参拝した人も多いだろう。スポーツ界でも、多くが「神頼み」に訪れた。日本バスケットボール協会の三屋裕子会長と男子Bリーグの島田慎二チェアマンもそうだ。

 東京都内の神社を参拝し、今夏に沖縄などでの開催を控えるW杯に向けて必勝祈願を行った。

 東京五輪では女子が日本バスケ史上初となる銀メダルを獲得した一方で、男子は米NBAなどで活躍する八村塁(24)、渡辺雄太(28)、馬場雄大(27)の3人を招集しながら予選リーグ3連敗と散々だった。女子の躍進を支えたトム・ホーバス・ヘッドコーチを男子代表監督に就任させるなど、汚名返上に必死になっている。

 そもそも、W杯や来年のパリ五輪でも海外組を招集できるかは不透明。W杯は開催国枠で出場できるものの、パリ五輪の出場権をかけた大会だけに、東京五輪での二の舞いは何としても避けたいのが本音だ。

 一時期は八村らがNBAチームと契約したことで日本バスケ界は大きな盛り上がりを見せた。しかし、男子が東京五輪で期待外れに終わり、ブームにまでは至らず。Bリーグ横浜BCの河村勇輝(21)はサッカーW杯の盛り上がりに「すごく悔しさを感じた。バスケットもこうでありたいと思った」とこぼしている。

 今年の夏、大きな正念場を迎えそうな日本バスケ界。神頼みしたくなるのも分かる気がする。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮