不祥事の日本バドミントン協会「独裁」銭谷前専務理事がいまだ院政を画策

公開日: 更新日:

 元職員による横領を組織的に隠蔽し、今年11月に団体トップ2人が辞任に追い込まれた日本バドミントン協会。

 11月末に会長と専務理事を選任したが、「独裁」と揶揄された銭谷欽治前専務理事の影響力が色濃く残っているという。

 銭谷氏は世界連盟の理事を務めており、任期は2025年5月まで。協会は当初、世界連盟の理事を継続するため、銭谷氏と再契約する方針を明かしていたが、理事会の反発もあり、現時点では白紙に。もっとも、新たに就任した2人のトップは、いずれも銭谷氏と入魂の間柄で、前専務理事は院政を敷こうと画策しているようなのだ。

 バドミントン関係者が声を潜めてこう言った。

「銭谷前専務理事は以前から協会を私物化していると批判されている。例えばナショナルチームの選手選考でも私情を挟むことがあり、国際大会で実績を残した選手が代表チームから外れたのも前専務理事のさじ加減ともっぱらです」

 バドミントン協会は一連の不祥事を重く見たスポーツ庁から、来年度の強化費を2割削減された。

 メダル有力種目の混迷を招いた元トップの責任は重い。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も